2007年06月12日

ETCカードを使うと割引が!!

ETCとはETCシステムの事で、高速道路の料金所をノンストップで通過できるシステムの事をETCシステムと呼びます。ETCシステムはETC車載器といわれる、車に取り付ける装置だけでは可動せず、ETC車載器とETCカードの2つが揃ってはじめて可動するシステムです。

実際にETCを導入してみれば分りますが、ETC搭載車に乗っていると、ETCなしの車には乗れなくなるほどお得感も一杯ですし、高速道路の走行も楽しくなります。ETCの導入にETCカードは欠かせませんが、ETCカードを作ってETCを導入すれば、本当にお得で便利なカーライフが待っている事だけは間違いありません。

最近はほとんどの高速道路の料金所でETC専用ゲートがありますが、稀に田舎の方などに行くとETC専用ゲートがない場合があります。その時は、ETC装置器からETCカードを取り出し、速やかに料金所の収受員にETCカードを渡すと、その場で清算をしてもらえます。

高速道路のもっとも大きい問題とされていることを、ETCカードを導入することで解消していくというのが目標です。問題とは、高速道路建設や維持の為の費用、コストが赤字であることが挙げられます。たとえ高速道路を増やしたところで、根本的な問題解決にはつながらないのです。



ETC車載器は色々な種類がありますが、どこでも購入できますし、どんなものでも構いません。ですが、ETCカードは申し込みをする必要があり、クレジット会社へのETCカードの申し込みが抜けてしまうとETCシステムは利用できないのです。ですから必ずETCカードの申し込みはしておいて下さい。

ETCシステムが普及するにつれて、出回っているETCカードも本当に種類が豊富になってきました。例えばハローキティーのETCカード鉄腕アトムのETCカードといった、アニメキャラを使ったETCカードまで出回る始末ですから、本当に種類が豊富で、自分に一番合ったETCカードを選ぶのも一苦労です。

ETCカードの利用者も増え、申し込みをする人も増えてきているのが現状です。確かにETCETCカードのおかげで高速道路の料金所での渋滞も緩和されてきたのは明らかになっています。しかし現段階では、料金所の前での渋滞は減らせてはいるものの、料金所を通過した後での渋滞緩和渋滞緩和につながるにはもう少し時間がかかりそうです。

ETCは今や当たり前となりつつある今日この頃ですが、ETCシステム導入直後は一部の金持ちか運送会社しか利用者を見かけませんでした。ETC車載器と平行で申込む必要のあるETCカードに、色々と特典を付けるなどの工夫をしたり、ETCを利用する事による割引を実施したりで飛躍的に普及していったと言えるでしょう。市販車にETC車載器が標準装備されるのも時間の問題でしょうね。



さてさてそんなETCカードですが、ただ申込むだけではなく、これからの時代はしっかりとETCカードも比較して申込みをする必要があります。ETCカードはクレジットカードと一緒に申込みをするので、どうせならあなたに合ったETCカードを比較して選びたいですね!

ETCカードにはロードサービスがついたカードもあります。ロードサービスとは、突然自動車が動かなくなったときのためのレッカーサービスやインロックした時の鍵あけ、パンク時のスペアタイヤ交換などなど、非常時の時などに助けてくれるサービスのことです。料金などは比較して自分に合ったところを選ぶといいでしょう。

ETCシステムで有料道路の通行料が後払いになるのは、クレジット機能を使っているからなのですが、本来ETCカードにはクレジット機能は付いていません。そこでETCカードとクレジットカードは両方必要になるのですが、せっかくなので今持っているクレジットカード以外でETCカードを比較してみるのもいいかも知れませんね。

最近ではETCカードとクレジットカードが一緒になった、「一体型ETCカード」が人気のようですが、この一体型ETCカードにも当然デメリットはあります。これから更に新しいETCカードが出てくると思うと、比較する方もなんだか楽しくなってきます。


posted by ETCカード at 15:59| Comment(17) | TrackBack(0) | ETCカードとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。