2007年06月12日

ETCカードを使うと割引が!!

ETCとはETCシステムの事で、高速道路の料金所をノンストップで通過できるシステムの事をETCシステムと呼びます。ETCシステムはETC車載器といわれる、車に取り付ける装置だけでは可動せず、ETC車載器とETCカードの2つが揃ってはじめて可動するシステムです。

実際にETCを導入してみれば分りますが、ETC搭載車に乗っていると、ETCなしの車には乗れなくなるほどお得感も一杯ですし、高速道路の走行も楽しくなります。ETCの導入にETCカードは欠かせませんが、ETCカードを作ってETCを導入すれば、本当にお得で便利なカーライフが待っている事だけは間違いありません。

最近はほとんどの高速道路の料金所でETC専用ゲートがありますが、稀に田舎の方などに行くとETC専用ゲートがない場合があります。その時は、ETC装置器からETCカードを取り出し、速やかに料金所の収受員にETCカードを渡すと、その場で清算をしてもらえます。

高速道路のもっとも大きい問題とされていることを、ETCカードを導入することで解消していくというのが目標です。問題とは、高速道路建設や維持の為の費用、コストが赤字であることが挙げられます。たとえ高速道路を増やしたところで、根本的な問題解決にはつながらないのです。



ETC車載器は色々な種類がありますが、どこでも購入できますし、どんなものでも構いません。ですが、ETCカードは申し込みをする必要があり、クレジット会社へのETCカードの申し込みが抜けてしまうとETCシステムは利用できないのです。ですから必ずETCカードの申し込みはしておいて下さい。

ETCシステムが普及するにつれて、出回っているETCカードも本当に種類が豊富になってきました。例えばハローキティーのETCカード鉄腕アトムのETCカードといった、アニメキャラを使ったETCカードまで出回る始末ですから、本当に種類が豊富で、自分に一番合ったETCカードを選ぶのも一苦労です。

ETCカードの利用者も増え、申し込みをする人も増えてきているのが現状です。確かにETCETCカードのおかげで高速道路の料金所での渋滞も緩和されてきたのは明らかになっています。しかし現段階では、料金所の前での渋滞は減らせてはいるものの、料金所を通過した後での渋滞緩和渋滞緩和につながるにはもう少し時間がかかりそうです。

ETCは今や当たり前となりつつある今日この頃ですが、ETCシステム導入直後は一部の金持ちか運送会社しか利用者を見かけませんでした。ETC車載器と平行で申込む必要のあるETCカードに、色々と特典を付けるなどの工夫をしたり、ETCを利用する事による割引を実施したりで飛躍的に普及していったと言えるでしょう。市販車にETC車載器が標準装備されるのも時間の問題でしょうね。



さてさてそんなETCカードですが、ただ申込むだけではなく、これからの時代はしっかりとETCカードも比較して申込みをする必要があります。ETCカードはクレジットカードと一緒に申込みをするので、どうせならあなたに合ったETCカードを比較して選びたいですね!

ETCカードにはロードサービスがついたカードもあります。ロードサービスとは、突然自動車が動かなくなったときのためのレッカーサービスやインロックした時の鍵あけ、パンク時のスペアタイヤ交換などなど、非常時の時などに助けてくれるサービスのことです。料金などは比較して自分に合ったところを選ぶといいでしょう。

ETCシステムで有料道路の通行料が後払いになるのは、クレジット機能を使っているからなのですが、本来ETCカードにはクレジット機能は付いていません。そこでETCカードとクレジットカードは両方必要になるのですが、せっかくなので今持っているクレジットカード以外でETCカードを比較してみるのもいいかも知れませんね。

最近ではETCカードとクレジットカードが一緒になった、「一体型ETCカード」が人気のようですが、この一体型ETCカードにも当然デメリットはあります。これから更に新しいETCカードが出てくると思うと、比較する方もなんだか楽しくなってきます。


posted by ETCカード at 15:59| Comment(17) | TrackBack(0) | ETCカードとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月10日

マイカーローンの事知るなら


一般的に自家用車を購入しようとなると多額の費用がかかってくるのが普通です。それを助けてくれるのがオートローンです。

自動車・バイク販売会社、あるいは中古車ディーラーの事務所は大抵オートローンの会社と提携しています。

固定金利あるいは変動金利のどちらを使っているかでも、オートローンで支払う額が大きく違ってくるようです。

オートローンの謎が解けましたか?



マイカーローンを組むためには、それなりの条件をクリアしなければなりません。
一般的に、20歳以上であること。安定した収入があること。
他の借り入れとの合計返済金額が年収の40%未満であることなどです。
しかし、高金利で貸付をしているところは年齢以外、条件を設定していない場合もあります。


最近のマイカーローンの返済方法は利用者のニーズに合わせて多種多様になっています。
昔ながらの定額月払いや、月払いにボーナス払いを併用したもの以外に、
1年後、2年後の収入アップを見越して、
返済金額を増やしていく出世払い型などのユニークな方法もあるようです。


念願の自家用車を手に入れたら、後はマイカーローンの返済が待っています。
口座振替で自動引き落としにする方法と、毎月振り込みに出向く方法があります。
延滞料をチャージされることもありますので、
くれぐれも支払いは忘れないよう、自分にあった設定をすると良いでしょう。

マイカーローンはこれでバッチシですね!



マイカーローンについてはもう大丈夫ですよね??
もうマイカーローンを借入する時には悩まないでも大丈夫そうですか??
思っているよりフリーローンの金利はお得ですから、マイカーローンの比較案に加えてみるのもいいでしょう。
それではしっかりマイカーローンを決めて下さいね!カードローンの比較も忘れてはいけませんよ!


posted by ETCカード at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車ローンとは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

ユーザー車検にはいくらかかる?

当サイトで、ユーザー車検・車検についてしっかり学んで下さい。
車検は義務なので車検を受けないと自動車に乗る事は許されません。廃車にする場合を除いて車検は避けて通れない道です。

車検にはいくつかの種類があり、その内の1つがユーザー車検という訳で、当サイトがオススメしたいのもユーザー車検です。
そこで、車検の事は前半で、ユーザー車検の事は後半で1つ1つ解説致します。車検・ユーザー車検の事をもっとよく知りたいならこのままご覧下さい。



平成7年に、それまで「1年車検」を義務付けられていた10年以上経ている自動車に対する制度が「2年車検」に緩和になりました。よって、現在は大まかにわけて、新車の場合最初の車検は3年目に、営業車は1年ごと、その他の自動車は2年ごとという規定になっています。


車検手数料は二輪車や小型自動車で1400円、普通自動車なら1500円です。これに自賠責保険料として乗用車であれば29,780円、重量税が1.5トン以上の乗用車であれば37,800円必要になります。軽自動車であればどちらも低い金額になります。重い車両だと重量税が高くなります。


車検の点検項目は大まかにわけて、ヘッドライト、ウィンカー等のランプ類が点灯するか、ルームミラー、フロントグラスなどガラスの状態、エンジンの状態、タイヤのコンディション、ハンドルの動作、ブレーキがちゃんと整備されているか、ワイパーが正常に作動するかなどです。


車検に合格すると前ガラスに貼る検査標章と自動車検査証が交付されます。これらはステッカーになっています。強力な粘着力で、一度貼ると貼りなおしが効きませんので気をつけましょう。また、有効期限満了日が記載されていますので次の検査の期日がわかるようになっています。



自動車・バイクの基礎知識を持っていると車検を自分で通すことが可能になります。ユーザー車検と呼ばれ、整備から車検の予約に至るまでをすべて自分で行う方法です。海外ではよく行われている方法だそうで、日本のように車検にお金がかかるというイメージは無いようです。


普通自動車の場合、自賠責保険料と重量税をあわせると70,000円弱必要になります。これは2年分まとめて車検時に支払います。これに普通自動車であれば1,500円の車検手数料がいります。普段から整備を自分でしていれば、基本的に、ユーザー車検の際に必要な金額はこれだけになります。


ユーザー車検は普通車は陸運支局、または自動車検査登録事務所で受けます。軽自動車の場合は軽自動車検査協会事務所で受けます。車検は日本全国どこでも可能で、住民登録、車両登録地である必要はありません。書類さえ揃っていれば、ユーザー車検は旅先などでも受けられるわけです。


ユーザー車検を受けて不合格だった場合は再検査を受けることになります。その場合、その日中に再度検査を受けるのであれば無料ということになっています。近くに整備をしてくれるところを見つけておくと便利でしょう。万が一に備え、午前中に予約を入れておいたほうが無難かもしれません。


posted by ETCカード at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ユーザー車検とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

自動車保険の事知るなら

自動車保険の事なら当サイトにお任せ下さいませ。
車の乗り方、乗る人によって自動車保険は金額が前後します。

お分かりになりますでしょうか?つまり、自動車保険はランキングなどで比較しながら選ばないと、本当にあなたに合った保険か分らないのです。
自動車保険について何となくでも理解できましたでしょうか?これから更に詳しいお話しをしたいと思います。



運転していて、もし交通事故を起こしてしまったら。そんなときにお金に関する不安を多少なりとも軽くしてくれるのが自動車保険である。車を持っている人が必ず入る自賠責保険は、人を対象とした保険であり、被害者が、最低限の保障を受けられるようになっているものである。


自賠責保険の範囲を超えた賠償が必要な場合は、他の自動車保険に入っていれば、その中から支払われる場合がある。現在、6割程度の交通事故が自賠責保険の適用範囲を超えているという。そして、7割程度の人が、なんらかの自動車保険をプラスしているのが現状である。


自動車保険にはいろいろあって、何をどう選べばよいのか難しい。複数の保険会社で見積をしてもらうのはもちろん、自分なりにある程度の下調べをしておきたいものだ。年齢によって安くなる場合や、多少負担は増えても「無保険車傷害保険」などは、検討しておくべきだろう。


事故に遭わなければ、払っている保険料はムダになるようにも思える。しかし、運転をしている以上、可能性がゼロではない。1998年の自動車保険自由化以降、選択の幅が広がり、組み合わせて加入できるようにもなった。自分の運転スタイル等を考慮し、「万が一」に備えておきたいものである。



大体自動車保険の基礎はお話ししきったと思います。
ここまでやったのですから、自動車保険は妥協せずに決めて頂きたいですね!
もしも自動車保険のランキングサイトなどが見つからない場合は、「自動車保険 ランキング」などで検索してみて下さいね!
さてさて、それでは自動車保険のお話しはこれにて終了とさせて頂きます。


posted by ETCカード at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車保険とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。